納豆菌の効果

納豆菌と乳酸菌は相性がいいんです!一緒に摂ることで効果アップ

投稿日:

納豆菌サプリ博士
乳酸菌飲んでも便秘悩んでる方、実は納豆菌と乳酸菌って相性がいいのはご存知でしたか。

腸内環境を整える菌と言えば乳酸菌が有名ですよね。手軽に食べられるヨーグルトなどで販売されています。

実は健康や美容に効果が見込まれる納豆菌も腸内環境をよくする働きがあります。そして乳酸菌と納豆菌という2つの善玉菌を組み合わせることで効果がさらにアップした、という研究結果もあるんです。

それでは納豆菌と乳酸菌の相性がよい、ということについて解説していきます。

 

納豆菌と乳酸菌を一緒にとることで効果がアップ

納豆菌と乳酸菌を一緒に摂る

 

腸内環境を整えるには、善玉菌を繁殖して悪玉菌を抑制しなくてはなりません。

腸内には多くの善玉菌と悪玉菌が存在しており、常に争いが起こっています。

動物性脂肪を好む悪玉菌は、腸内環境を悪化し、免疫力を低下させてさまざまな害を及ぼします。悪玉菌がこだました腸内から心臓や肝臓、腎臓といった主要臓器にまで悪影響をきたしますし、血液がドロドロになってしまい、生活習慣病を招く恐れもありますから注意が必要です。

乳酸菌は悪玉菌を抑えて整腸作用を促進し、善玉菌をバックアップして便通を快適にする効果があります。

また腸内環境がよくなると、免疫力が高まりますので、病気の予防にも優れた機能を発揮してくれます。乳酸菌だけでも腸内環境を整える効果がありますが、乳酸菌は腸まで届きにくいのです。腸まで届くには納豆菌のほうが優れているのです。

納豆菌はしぶとく、腸まで届いた後強い繁殖力があります。さらに納豆菌は抗菌作用があり、悪玉菌を抑える効果によって善玉菌の繁殖を促進します。

乳酸菌は体内で自然に生成される要素を持っていますが、「納豆菌は繁殖力が極めて強いので乳酸菌などの善玉菌にまで影響が及ぶのではないか」という問題です。

納豆菌は繁殖力が強いので、腸内環境を整えるために必要な乳酸菌まで抑制してしまっては本末転倒ですよね。でもご安心ください。納豆菌は善玉菌となる乳酸菌の繁殖をサポートする役割をしており、悪玉菌を抑える作用があるんです。

 

納豆菌サプリ博士
納豆菌と乳酸菌は一緒に体内に摂取することで悪影響になるどころか、整腸作用の効果がさらにアップするんじゃ。

 

納豆菌は腸内の悪玉を抑える作用があるんです

悪玉菌を抑える効果

乳酸菌が腸内環境を整える効果があるのは、テレビCMや雑誌の特集、ネット上の情報で有名ですよね。スーパーの冷蔵品コーナーでもヨーグルトの陳列棚には、「オリゴ糖」「乳酸菌」「ビフィズス菌」といった健康志向のキーワードがずらりと並んでいます。

しかし納豆コーナーにはあまり納豆菌が腸内環境に有効というキーワードは目立っていません。そこで納豆菌が腸内の悪玉菌を抑制する効果をもう少し詳しくみていきましょう。

 

納豆菌を発酵させて作っている納豆には悪玉コレステロールを抑制する効果

腸内には悪玉菌と善玉菌が生息しています。その名の通り、悪玉菌が増えると体にさまざまな悪影響が起こり、腸内も活性化されず便秘や下痢を引き起こします。その一方善玉菌が増えることで、便通がよくなり、体の機能も健康に育ちます。このことから悪玉菌を抑制して善玉菌を増やすことが大切になります。

まず、納豆菌を発酵させて作っている納豆には悪玉コレステロールを抑制してくる効果があります。悪玉コレステロールには動脈硬化を引き起こす要因となりますので、納豆は善玉コレステロールを作り、動脈硬化を予防する役割があります。

また納豆には食物繊維が豊富であり、腸内でコレステロールを体外に排泄していきます。食物繊維があると納豆菌は腸内での活動が活発的になりますので、納豆を食べることは整腸作用を促進していきます。

 

食物繊維により腸内で納豆菌が活発になる

食物繊維は腸内にある善玉菌を増やしていき、悪玉菌によって引き起こされた便秘の改善を促していきます。

便秘になると、肌荒れも起こります。これは悪玉菌が皮膚細胞にまで浸食しているからです。腸内環境をよくして便秘を改善すると肌荒れが治りますが、これは善玉菌の働きによるものといえます。納豆に含まれるビタミンEは、ホルモンバランスを整える効果があります。このことからも大豆を発酵させて納豆を作る納豆菌は、健康に最適な活動をサポートしてくれるのがわかります。

 

納豆菌には抗菌作用もあり善玉菌が繁殖

また、納豆菌は抗菌作用があるジピコリン酸が含まれており、他の病原菌を抑制します。そのおかげで腸内の悪玉菌を抑え善玉菌が繁殖していくようになっていきます。納豆菌はしぶとく生き続けるので、善玉菌も死滅することなく、活動を長くサポートしてくれます。

 

 

納豆菌が乳酸菌のエサになることも

納豆菌が乳酸菌のエサに

腸内環境を整える効果がある納豆菌は酸に強く、逆に乳酸菌は弱い傾向にあります。

そのため乳酸菌は胃酸に負けてしまい腸内にまで行き届かないことも出てきます。納豆菌は腸内環境をサポートしますが、先述の通り、乳酸菌と組み合わせておけばより整腸作用の効果を発揮してくれます。

また乳酸菌も生きていますので、体内で活動を活発化するにはエサが必要になります。乳酸菌はオリゴ糖や水溶性食物繊維をエサにしています。栄養素の豊富な納豆は、納豆菌によって大豆を発酵しています。その大豆にはオリゴ糖が多く含まれており、胃や小腸の酸にも強い抵抗力があります。そのため生きて大腸まで届いてくれます。

大豆は水溶性食物繊維も多く含んでおり、乳酸菌のエサとなる栄養素が蓄えられていますので、乳酸菌の活動をサポートしてくれます。オリゴ糖や水溶性食物繊維を含む食材には、玉ねぎやキャベツ、ごぼうに人参、さつまいもといったものがありますので、意識して一緒に摂るのもおすすめです。

納豆菌がエサとなり乳酸菌が活動し始めると善玉菌が増えて、悪玉菌を撃退してくれます。その結果として便通がよくなり、肌荒れも防ぐ美肌効果があり、血液中のコレステロールも減少するという健康・美容に大いなる改善を促進してくれます。

このことからも、納豆菌と乳酸菌は同時に摂取しても問題ないことがうかがえます。それ以上に相乗効果を見込めることから、納豆菌は毎日摂取することが大切といえるでしょう。

 

まとめ

納豆菌と乳酸菌は、ともに腸内環境を整える効果が見込めますが、両方を一緒に摂取することで効果もアップすることが可能です。

善玉菌を繁殖させて悪玉菌を退治するのには納豆菌と乳酸菌の力が必要といえます。

大豆を発酵させて納豆を作るには納豆菌が欠かせません。その納豆は非常に栄養価値が高いものであり、食物繊維やビタミンEを含んでいますので、整腸作用やホルモン分泌を促します。健康・美容にも納豆菌が必要といえるでしょう。

納豆菌は単体でも腸内をサポートしてくれますが、酸に弱い乳酸菌のエサにもなっていき、善玉菌をさらに繁殖させていきます。もともと整腸作用がよいとされる納豆菌と乳酸菌ですが、両者ともに相性が抜群によいということがわかります。

-納豆菌の効果
-,

Copyright© 納豆菌サプリの教科書 , 2018 All Rights Reserved.