納豆菌豆知識

「納豆菌」と「ナットウキナーゼ」って違うの?実はこの2つ別なんです

投稿日:

近年、納豆菌やナットウキナーゼが健康志向でブームとなっています。

腸内環境を整えるだけでなく、生活習慣病の予防にも効果があることから人気を博しています。この納豆菌とナットウキナーゼは両者とも納豆というキーワードが含まれていることから、二つを同じものとして考えている人も少なくありません。そこで、納豆菌とナットウキナーゼは別物であるということについて解説していきます。

 

納豆菌とは?

納豆菌とは

納豆自体の歴史は古来から伝わっていますが、納豆菌の研究を行ったのは明治時代になります。納豆にまつわる認識としてよく間違えられるのは、大豆を発酵させて納豆から納豆菌が生成されるのではありません。逆に納豆菌によって大豆が発酵されて納豆が出来上がります。

納豆菌は熱に強く、100℃の熱にも負けません。死滅するには120℃以上の熱が必要になります。ちなみに寒さにも滅法強く、マイナス100℃でも生き残るほどです。また、腸内を整える役割を持つ乳酸菌酸は胃酸に弱い傾向がありますが、納豆菌は抗酸化作用が働くので、生きたまま腸内にまで行き届きます。この熱や酸に強いというしぶとさが納豆菌の特徴の一つといえるでしょう。

納豆菌は腸内の悪玉菌を抑制する効果があり、善玉菌を繁殖させていきます。腸内の広範囲に渡って活動していきますので、広く長く善玉菌が増えていきます。また、納豆菌は乳酸菌のエサにもなり、両者の働きによって、腸内環境を整えるダブル効果が見込めます。

納豆菌は整腸作用があるだけではありません。免疫力を高めて病気の予防にもなりますし、最新の研究ではがんや高血圧の予防にも効果があることがわかっています。病原菌などの抗菌作用がありますので、食中毒の恐れがあるO-157やサルモネラ菌などの抑制効果が見込まれます。

また、納豆菌はその性質から納豆自体の美味しさを促進させる効果もあります。日本三大納豆菌として「宮城野菌」「成瀬菌」「高橋菌」が存在しています。この宮城野菌は非常に多くの納豆メーカーで使われています。それぞれ独特の匂いを抑えて旨みを引き出し、食べやすさを求めている特徴があります。

 

ナットウキナーゼとは?

ナットウキナーゼとは

ナットウキナーゼとは、納豆に含まれているネバネバの成分を指します。

納豆が出来上がる工程で生成されるので、納豆菌とは存在そのものが異なります。

納豆が嫌いな人の理由に挙がりやすいのがこのネバネバです。しかし、これには非常に大切な栄養素が含まれていますので、その働きをしっかりと把握することも健康に必要です。

ナットウキナーゼは血管を詰まらす血栓の予防に効果が見込めます。これは血栓の主要成分であるフィブリンに対して、あらゆる角度から溶解を試みているからです。このことからも、血液をサラサラにする効果がナットウキナーゼにはあるのです。

一般的に納豆を食べても血液がサラサラになるという人もいますが、これはネバネバの成分であるナットウキナーゼの効果ともいえます。ただし、納豆には血液を凝固させるビタミンK2も含まれていますので、血栓予防になるかといえば微妙でもあります。

ナットウキナーゼ単体になるとビタミンK2は含まれていませんので、納豆を経口で食べる効果よりも、ナットウキナーゼを含むサプリメントのほうが血栓予防には効果抜群です。

また、ナットウキナーゼは血流をよくすることで、肩こりなどの緩和などにも効果が見込めます。肩こりが緩和されるとストレスも和らぎ、心身ともに総合的な健康体へとなることができます。

さらに血栓が改善されることで脳梗塞や心筋梗塞といった重大な病気の予防にもつながり、活性酸素が影響している高血圧や糖尿病には、抗酸化作用のあるナットウキナーゼが有効的です。

血栓は夕方から深夜にかけてできやすいので、その時間帯を見越して血栓予防につながるナットウキナーゼを摂取することがおすすめといえます。

 

納豆菌サプリを摂ることでナットウキナーゼも産生されるんです

先述したとおり、ナットウキナーゼが含まれる納豆を食べることで、ビタミンK2が血液凝固を促進させてしまいます。そこで、血栓を予防し、血液をサラサラにするにはナットウキナーゼをサプリメントとして摂取するのが効果的といえるでしょう。

ナットウキナーゼのサプリメントはさまざまな形で販売されていますが、基本的に納豆菌とは独立しており、両者の効果を摂取できるものではありません。一方で、納豆菌サプリにはその栄養素を確保しながら、ナットウキナーゼが産生されるのでおすすめといえます。

とはいえ、納豆菌サプリも非常に多くの種類が流通されており、どのサプリメントを選択していいのか分からないこともあります。

 

おすすめ納豆菌サプリ

そのもの納豆(10日お試しセット)

「そのもの納豆(10日お試しセット)」

老舗納豆屋が国産大豆と納豆菌で作った納豆だけを使った納豆粉末100%のサプリメント
名前の通り納豆そのものです。

納豆の豊富な栄養はもちろん、腸内環境を整えると注目の納豆菌が3粒で10パック分も摂れるので、これまでヨーグルトなど乳酸菌やビフィズス菌であまり実感がなかった人には、ぜひオススメしたいサプリメントです。

おすすめポイント!

  • たった3粒で納豆10パック分の納豆菌!
  • 創業60年の老舗が国産大豆でつくってます!
  • お試しセットは1日わずか98円!

 

おすすめ納豆菌サプリが【そのもの納豆】です。

そのもの納豆】には納豆菌独自が持っている、腸内環境を整える働きを実現しているので、しぶとく生きて腸までしっかりと届いて善玉菌の活動をサポートしています。3粒に納豆10パック分の納豆菌がぎっしりと詰まっています。

納豆を粉末にし、フリーズドライとして大豆の栄養素を丸々摂取できるのが魅力的となっています。

良質なたんぱく質が豊富に入ったアミノ酸スコア100を実現し、9種類すべての必須アミノ酸が十分に含まれています。

そのもの納豆】は納豆そのものを利用しているので、当然ながらナットウキナーゼも有効成分として含まれています。納豆菌とナットウキナーゼを同時に摂取したいのならおすすめのサプリメントといえるでしょう。

 

まとめ

納豆菌とは、

  • 納豆菌で大豆を発酵させることで納豆が出来上がる
  • 熱や寒さに強く、プラスマイナス100℃での環境を耐え抜き、死滅するには120℃以上の熱が必要
  • 胃酸に強くて生きて腸までしっかりと届く
  • 乳酸菌との相性もよく、エサとなって腸内環境を整える善玉菌をサポートしていく

などの特徴があります。

ナットウキナーゼとは、

  • 納豆のネバネバに含まれている成分であり、納豆の製造工程で生成される
  • 血栓の予防に効果がある
  • ビタミンK2を除去しているので、納豆を食べるよりも血液をサラサラにする効果が高い
  • 脳梗塞や心筋梗塞、高血圧や糖尿病にも有効的

などの特徴があります。

納豆菌とナットウキナーゼはそれぞれ別物であり、納豆菌のサプリメントを摂取することで、ナットウキナーゼも産生されていきます。

両者をともに摂取することでより健康的な効果を見込めますので【そのもの納豆】などの納豆をそのまま利用したサプリメントがおすすめといえます。

-納豆菌豆知識
-,

Copyright© 納豆菌サプリの教科書 , 2018 All Rights Reserved.